雨粒を止める方法ー映画グランド・イリュージョンの仕掛け

グランドイリュージョン見破られたトリック

昨日、「グランドイリュージョン見破られたトリック」を見てきました。前作のグランド・イリュージョン」は最後にトリックが明かされ、観客までもが「騙された!」と思える映画です。「グランドイリュージョン見破られたトリック」はどうでしょう?

前回作を見ておいた方が良いと思います。テンポの良い映画です。しかし、中国資本がたっぷり入った映画ですね。

この予告の中でも雨を止めるシーンがあります。どうやって、雨を止めるのか・・・

ウォーターパール 高森湧水トンネル

雨を止めるトリックはウォーターパールというシステムです。私は高森湧水トンネルで見たことがあります。

ウォーターパールは、水に特殊な音波を与え球体に変化させる噴水装置。 ただし、そのままでは水の落下速度が速すぎて私たちの目では1本の流水にしか見えません。 そこで特殊ストロポライトを水に照射しその残像現象を利用し、球体に見えるようにシステム化したものがこのウォーターパールです。

ウォーターパールの大きな特徴は、水玉を空中で停止させたり、ゆっくりと上昇させたり、水玉の動きを自由自在に変化させることができることです。 これは特殊ストロポライトの周波数(点滅数)を変化させる方法で噴水装置の側に生じる周波数とずれを起こさせ、残像現象に変化を与えるからです。

高森湧水トンネル

熊本から宮崎に行くには、熊本から鹿児島経由して宮崎に入るか、大分を経由して宮崎に入るかで、遠いのです。昭和48年、熊本と宮崎(延岡)を結ぶトンネルを開通させるために、トンネルを掘り始めたが、大量の水が噴出したために工事が中止となりました。現在、途中までトンネル内に入ることができ、公園となってます。トンネルでは今でも大量の水が湧き出ています。

ウォーターパールの映像


News Reporter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です