ホームネットワーク構築 ルーターについて

ホームネットワーク構築のための機器や環境

ホームネットワークのための機器や環境については、前ページに記載していますので、参考にして下さい。このページでは、ルーターについて記載します。

ホームネットワークを構築する サーバーとクライアント
ホームネットワークとは 携帯電話の普及率は95%以上であり、スマートフォンの普及がガラケーの普及率を上回り、PCの普及率は75%。自宅での無線LAN利用頻度は「ほぼ必ず使う」「良

ホームネットワークを繋ぐルーターとLAN端子

ホームネットワークを構築するためには、まずルーターという通信機器が必要です。ルーターは有線で繋ぐものと無線(ワイヤレス)で繋ぐものがあります。ルーターでローカルネットワークを作るのです。

テレビやブルーレイレコーダーなどの後ろにあるLAN端子は、このローカルネットワークを作るための端子(Local Area Network=LAN端子)で、有線LANと無線LANとがあります。

ルーターについて

有線ルーターと無線ルーターを比べると、有線ルーターは電波の影響を受けずに安定した速度で利用できることがメリットですが、殆どの家で、離れた場所でも繋がる無線ルーターを利用しているのではないでしょうか?

ルーターは有線と無線両方の機能が利用できますので、併用することも可能です。

ルーターの規格

無線ルーターは2.4GHz帯の電波が利用されていて、最近では5GHz帯の電波も使用するようになりました。

IEEE 802.11 b/g/n

ルーターの箱に「IEEE 802.11 b/g/n」という文字を見たことがあると思います。これは、そのルーターが2.4GHz帯の電波を使う無線LANの11b、11g、11nの規格に対応しており、ルーターが最適な規格を自動的に選択するようになっているということです。

  周波数帯 最大通信速度
11n 2.4GHz帯・5GHz帯 11Mbps
11a 5GHz帯 54Mbps
11g 2.4GHz帯 54Mbps
11b 2.4GHz帯 300,450,600Mbps

Bluetoothや電子レンジのノイズ

2.4GHzは昔から利用されていることから、一番利用されている電波帯です。WiMAX、Bluetoothや多くの機器が2.4GHz帯を使用していて、中でも電子レンジと同じ周波数であるために電子レンジの影響を受け、インターネットが止まるという経験がある人は多いです。無線LANの普及により無線LAN同士が干渉することも増えてきました。電波干渉で通信速度が遅くなったり、接続が途切れたりする場合の対策方法はのちに記載します。

2.4GHz利用機器と、2.4と5GHz両方に対応している機器

  • ゲーム機 PS3も2.4GHzのみの利用
  • 最近のタブレットやスマートフォン、iPhoneは両方に対応

2.4GHzの電波干渉を回避する方法

  1. まずファームウェアが最新か確認してください。※1参照
  2. 2.4GHzは1~13chまであり、ルーターが自動的に一番いいチャンネルを探して繋いでくれます。しかし、電波干渉が多発する場合は、「自動」ではなく「手動」で繋いでみて下さい。※2参照
  3. 無線親機と無籍子機や機器の設置場所を、障害物の無い位置に移動させる。
  4. 5GHzに対応しているルーターに変える。

※1ファームウェアのアップデートの方法

※2無線チャンネルの変更方法

IEEE 802.11 a

80211.aという規格は、2.4GHzではなく、5GHz周波数帯を利用しています。5GHzは壁や障害物に弱く、障害物があると電波が届きにくい特性があります。

IEEE 802.11 n

2.4GHzを利用するものに加え、2.4GHzと5GHz両方に対応している無線ルーターが発売されています。

11ac

2013年3月から日本本国内で使えるようになった次世代高速Wi-Fi規格が「11ac」です。それまでの一番新しい規格が「11n」でしたが、その通信速度の11.5倍とのこと。無線で1Gbpsを超える通信が可能になったとのことです。ホームネットワークで、従来のルーターで映像が途切れる場合は、買い替え時かもしれません。

注意すべきことは11acは5GHz帯を利用することから、他の機器の電波干渉を受けにくいが、壁や障害物に弱く、障害物があると電波が届きにくい特性があります。

5GHz対応機種の確認

市販の無線LAN機器は、11a/b/g/n対応機器と記されていれば5GHz対応であり、11b/g/nならば2.4GHzのみ対応である。

ホームネットワーク構築

下記のリンクには実際のホームネットワークの方法とルーターについて記載しています。

ホームネットワークを構築する 実践
ホームネットワーク ホームネットワークとはサーバーとクライアントを繋ぐローカルネットワークです。サーバー(送り側)となる機器とクライアント(受け側)となる機器を無線または有線で繋
ホームネットワークを構築する サーバーとクライアント
ホームネットワークとは 携帯電話の普及率は95%以上であり、スマートフォンの普及がガラケーの普及率を上回り、PCの普及率は75%。自宅での無線LAN利用頻度は「ほぼ必ず使う」「良

News Reporter

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です